前へ
次へ

頑丈な門扉を外構工事で取り付けました

台風が原因で門扉の一部が破損してしまい、強風が吹くだけで壊れるような門扉から早めに交換するべきだったと後悔していました。今度は選び方を間違えないように門扉を選びたいと考えて、外構工事の専門家に相談しながら取り付けたのが高強度プラスチックで作られた門扉です。プラスチックだと耐久性が不十分ではないかと心配しましたが、最新技術で作られた高強度プラスチックは、耐久性だけでなく耐候性にも優れています。塗料を厳選する事で耐候性をさらに高める事もできて、予想していたよりも重量が軽いところが気に入りました。今まで使っていた門扉は重量があるために、玄関を出入りするたびに強い力で扉を押す必要があったのですが、新しいものは軽くて頑丈なので扱いやすさでも満足できています。古木をイメージして作られた高強度プラスチックの門扉は、アンティークとしての価値の高さも感じられました。外構工事で取り付けた門扉は強風にも負けないぐらい耐久性が高くて、これなら安心して使い続ける事ができそうです。

Page Top